憧れだけで始めちゃだめ!主婦の起業でおさえておくべき注意点5つ

主婦の起業って流行っているけれど成功するの?

家事や育児、介護などで何かと忙しい主婦の働き方として、「起業」という選択肢が注目されています。多くの主婦は「プチ起業」といって、家事や育児のなかで自分の得意なことを見つけて、商品やサービスを売っていく
方法などで成功しています。主婦の起業が増えた背景にある大きな要因はITです。スマホの普及で子育て主婦でも常にネットとつながっていられるようになり、情報を入手できるし発信もできるようになりました。IT化により起業の初期コストが減ったことも主婦にとって追い風です。

主婦の起業のハードルは下がりましたが、成功するかどうかになると話は別です。主婦ならではの起業には、主婦ならではの悩みもつきもの。であればそこをあらかじめわかってクリアにしておけば成功の確率もアップするはず!ということで、注意点をご紹介します。

主婦の起業で知っておきたい注意点5つとは?

気をつけたいポイントを以下5つにまとめてみました。

1 事業計画はキビシめに作る
たとえプチ起業でも、誰かに提出する必要がなくても、事業計画を立てましょう。具体的には、1か月めまでにかかる費用はこれくらい、その間の売上目標はいくら、というのを1年後位までプランニングしてみます。最初から売り上げがあるわけではないので最初は赤字で当然ですが、売り上げをどうやって伸ばしていけるかが重要、そして赤字がしばらく続く可能性をふまえて慎重なプランをたてましょう。「この金額より稼いだら利益が出る」という損益分岐点についても計算しておきましょう。

2 補助金・助成金をもらうか、もらわないか
都道府県や市区町村などて、一人で起業する場合に資金援助してくれる補助金・助成金などの制度が利用できることがあります。特に女性の起業を支援する制度が設けられていることもあります。自分のケースで申請できる補助金・助成金があるかどうかは一度チェックしてみましょう。ただし、補助金を受け取った場合は契約により事業内容などが限定・制約されるので、そこもよく検討する必要があります。

3 ITスキルが非常に大事
主婦が起業する場合の弱点といえるのが「ITスキル」です。一部の得意な方を除いて、主婦はちょっとパソコンやITが苦手です。でも、ITに強くなることは非常に大事です。過去の会社員経験でパソコンスキルがあるという人も、最新の知識や技術を常に学ぶことを忘れずに。

4 ママ友とかかわるか、かかわらないか
事業内容によっては協力してもらえるかもしれないし、迷惑をかけてしまうこともあるかもしれないという、微妙なママ友との関係。ここは最初に「ママ友には営業しない」などの方針を決めておくことが大事です。まず自分だけでやってみて、軌道にのってきたらママ友にも賛同を得やすくなります。

5 家族や家庭の位置づけをどうするか
起業は夫や子どもの応援・賛同を得ることも大切です。事業がスタートすると時間を忘れて仕事に夢中になってしまうかもしれないし、トラブル対応などでどうしても最優先しなくてはいけない仕事が発生する可能性もあります。がんばる姿を理解して、家族に応援してもらえるように、一方で迷惑をかけすぎだと思ったら撤退できるよう自分の中では見極めておくことも大事です。