主婦がFXをやるときの3つの悩みと、その解決方法

「主婦だけどFX」という人が増加中

子どもがまだ小さくて、なかなか外へ仕事に出かけられない、でも何かでお金を稼ぎたいという主婦にとって、FXへの投資は有力な選択肢です。スマホで簡単・確実・安全に取引ができるようになったことも、子育て中の主婦が利用しやすくなった大きな要因です。そして、主婦ならではの堅実な感覚を活かしてトレードで成功する主婦も増えています。

FXを始めた主婦が直面する3つの悩み

今回は、FX取引における主婦ならではの悩みについて考えてみたいと思います。

1)深夜の取引が辛い
FXは24時間で、欧米などのマーケットは日本の深夜に活況となります。ポジションを持っていると、どうしても深夜の時間帯にチェックしたり、決済しなくてはならないことがあります。昼間やることが満載で体力勝負の主婦にとって、睡眠不足は大敵です。

2)家事や育児の急な用事が障害に
家事や育児の用事は突然割り込んできます。たとえば、「急な来客」「子どもの発熱」「学校からの呼び出し」などなど…。FXで大事な局面なのにそういう急用が入ってしまい、チャンスを逃したり、みすみす損を出したり。これも経験している人が多い悩みだと思います。

3)時々「パートに行ったほうがまし」と考えてしまう
損を出してしまったときと、少ししか稼げなかったとき。そんなときはいつも「これなら時給が安くてもパートに出たほうがよかった」という思いがよぎります。でもそこを踏ん張って勉強して、経験を積み重ねた人が投資に成功しているように思います。

主婦の悩みの解決策は「自動注文ツール」

そこで、主婦のお悩みの解決策として、「自動注文ツール」の活用をおすすめします。ひとくちに自動注文といってもその内容はさまざまです。シンプルなものでは「IFD注文」「OCO注文」などがあり、これらを設定しておけば相場を監視する負担を減らせます。さらに、自動注文を進化させた「自動注文ツール」を使えば、時間的な制約が多い主婦のFX取引がぐっと楽になります。このサイトで何度か紹介しているトラリピは、進化形自動注文ツールのひとつです。「果報を寝て待つFX」というキャッチコピーの通り、自分で判断して取引する手間と、相場をチェックする手間が軽減できます。取引に時間をかけなくて済むので、パートの予定もばっちり入れられます。上記に挙げた主婦ならではの悩みを解決できる方法だと思います。”