なんでも売れる「フリマアプリ」は簡単で安心

フリマに出店するよりも、ヤフオクに出すよりも、簡単!「フリマアプリ」

出店料を支払って、商品に値札をつけて…と手間暇がかかるフリマ。でも「子どものおもちゃ」「手作り品」「中古ブランド品」など、種々雑多なものをまとめて売ることができるのがメリットです。これと同じ機能があり、1点から出品できるのが「フリマアプリ」。出品が手軽で売る人も買う人も安心できるのが魅力です。

人気は「メルカリ」「フリル」。LINEや楽天も参戦

人気のフリマアプリといえば以下の2つです。

メルカリ
出品が簡単で決済も安心。2000万ダウンロード突破、業界最大手アプリとして、2015年はアメリカで事業を拡大しています。

フリル
女性ユーザーを意識したカワイイ商品、レアでお洒落なアイテム、アーティストの作品などが特徴です。

そして、メルカリ、フリルを猛追しているのがLINEのLINE MALL楽天のラクマです。どちらもネット大手の強みで出品・販売などの諸手数料が無料となっています。2015年現在、他の会社から提供のフリマアプリも多数ありますが、いずれ淘汰されて残るサービスがこの4つほどではないかと思われます。ただしもうひとつだけ対抗馬を挙げておきます。

オタマート
こちらオタクなグッズに特化しているフリマアプリで、2014年リリースと後発ながら急成長しています。話題性も十分で、今後に注目していきたいアプリです。

日本全国どこからでも取引できるのが魅力。世界市場も見えてきた

フリマアプリの魅力は、いつでもどこでも売買できること。実際に、主力となっているユーザーは地方在住者が多いようです。今後は世界中のユーザーを対象としてカンタンにモノを売っていける時代が到来しそう。主婦といえどもこういうマーケットに着実にアクセスしていきたいと思います。