これは大変!「被用者保険の適用拡大」は2016年から!

「130万円の壁」が「106万円の壁」に!

主婦のパートはできるだけ年間103万円以内、仮にそれ以上になった場合は130万円は超えないように働くべきで、もしもそれを超えて仕事をするならば160万円以上は稼がないと損をする、ということは主婦ならみんな知っていることだと思います。でも、この「130万円の壁」が2016年10月から「106万円の壁」に変更される、ということを知っていますか?つまりちょっとパートを頑張っただけで、夫の健康保険から除外となってしまいます。

「被用者保険の適用拡大」には条件があります

現行の130万円以下が106万円になり、対象者が25万人程度増えるとされている、この「被用者保険の適用拡大」には、条件があります。
・パートタイムの労働時間が週20時間以上
・月額賃金が8.8万円以上
・勤務期間が1年以上
・従業員501人以上の事業所
つまり、501人以上の大企業で1年以上パートで働くと、適用対象となる可能性が大きいということです。

手取り収入から健康保険料と厚生年金保険料を支払うように

「扶養枠」を意識して月々10万円程度働いてきた人が上記の条件にあてはまると被用者保険適用となり、健康保険料と厚生年金保険料、合わせて毎月14000円程度(金額の詳細は健康保険組合など個別に異なります)が手取り収入から引かれるようになります。

もっと稼ぎたいならメリット大

現在、年収で160万円以上働いていても企業の健康保険への加入が認められず、夫の健康保険からは外れているために、国民健康保険料を払っているという人にとっては、この政策は大きなメリットがあります。それ以外のパート主婦にとっては、2016年は「もっとバリバリ働く」か、「106万円以内に抑える」か、二つに一つの選択を迫られることになります。このサイトで多くの情報をご紹介しているように、今は「在宅」や「FX」など、主婦が稼げる方法がいろいろありますから、これを機にがっつり稼げる主婦を目指してみてはいかがでしょうか。