楽しくお小遣い稼ぎができる!ハンドメイド市場が急拡大中

ハンドメイド・ブームはさらに増殖中!

「手作り」の服や小物を身に着けている人が周囲に増えたな、と感じませんか?ここ数年、「ハンドメイド市場」はどんどん拡大を続けています。ハンドメイド業界が発行している「ホビー白書」によると、2014年のホビー市場は全体で2兆円弱、うちハンドメイド市場が9000億円弱とされています。ハンドメイドのマーケットだけでほぼ1兆円となるのは時間の問題といえそうです。車の市場規模とネット産業の市場規模がともに20兆円であることと比較すると、「なくてもいいもの」であるハンドメイドの市場が1兆円というのはかなり大きいという印象があります。

2015年3月、第1回「ハンドメイド大賞」作品が決定!

このようなブームを考えれば遅すぎかもしれません。2015年3月、初めての「ハンドメイド大賞」が開催され、約13000点の応募作品を選考の末、各賞が決定しました。大賞は意外にも(?)普通にかわいらしい、『森の動物たちのぽんぽんブローチ』が受賞しました

手芸が得意な主婦ならぜひチャレンジ!

ハンドメイドを趣味にする人の理由は「楽しいから」。楽しいから作ってきた作品を、「発表し、売れてお金も稼げる」可能性がネットのおかげで急速に広がっています。買う人と売る人のコミュニケーションも楽しめます。他の人の作品を見ることも大いに刺激や学びになります。ハンドメイドを扱うサイトはいずれも規模を急速に拡大中とのことです。主なハンドメイドのサイトは以下です。

Creema
人気サイトの中ではやや高級感があります。高価でもお値打ちなものがよく売れていて、auと提携してさらに使い勝手がよくなったようです。

minne
上記、「ハンドメイド大賞」を仕掛けたのがこちらです。若い年代を中心に盛り上がって、今一番勢いのあるサイトです。

tetote
サイトがわかりやすく、やや上の年代の人に支持されています。

iichi
スタイリッシュなクリエイター寄りのサイトです。

ハンズ・ギャラリー&マーケット
東急ハンズ運営らしいバラエティに富んだ作品が紹介されていて、全体的に気軽な雰囲気です。

crapaca
すべての手数料がゼロ円というサイト。その分商品の価格は割安感があります。

それぞれのサイトで作品や利用者の傾向が少しずつ違います。利用者は2~3サイトを併用して、効果を測りながら続けていくという方法が一般的です。