「クラウドワークス」は安心感と使いやすさで初心者向き

日本最大級で、マザーズ上場企業の安心感!

Web上で仕事を依頼する人と仕事をしたい人をマッチングさせる「クラウドソーシング」の最大手のサービスのひとつ、クラウドワークスは、2014年11月マザーズに上場していて、業界をリードする存在です。こちらのサイトに掲載されているお仕事のなかは官公庁などからの依頼もあり、情報に安心感があります。お仕事の報酬も適性な相場といえるでしょう。初心者がまず登録してみるのに適したサイトです。

会員登録は簡単ですぐに仕事が探せます

まずは会員登録。メールアドレスと生年月日などの入力だけでスピーディに登録ができます。登録後はサイト内で使うニックネームや自分の得意分野などの情報を掲載する「プロフィールページ」を作ります。プロフィールを入力しなくても、どんなお仕事があるかは閲覧できるので、まず自分にもできそうな仕事があるか探してみましょう。「データ入力」「ネーミング」などは気軽にできそうです。また、「経験不問」で応募できるお仕事も多数あります。

ていねいなガイダンスで未経験から始めやすい!

サイトは見やすいレイアウトで、各所にチュートリアル(解説)が用意されていてわかりやすいです。また、登録すると毎日メルマガが届きますが、この中に「受注するコツ」など役立つ情報が掲載されています。通信教育を受けているつもりで少しずつ書かれていることを実践していくと、初心者からでも上手な使い方を覚えられます。

最初は少額報酬の案件で流れを覚えよう

「簡単な文章を書いて100円~」などの小さな依頼から、5万円、10万円まで、報酬には幅があります。高額報酬のお仕事を受注するには経験やスキル、それに事故PRのノウハウも必要になります。最初は受注しやすい少額報酬の仕事でクラウドソーシングに慣れることから始めましょう。

手数料を引かれますが、その分だけしっかり面倒をみてくれるサイト

報酬が10万円未満のとき、クラウドワークスの手数料は20%です。つまり1万円のお仕事を無事納品すると、8000円を受け取れます。20%の手数料は業界のなかで安くはありませんが、それに見合うだけ安心感があり、しかも面倒見のいいサイトであるといえます。

<「クラウドワークス」が向いている人とは?>
★クラウドソーシング初心者
★パソコンやネットにそれほど詳しくない人
★40代以上の人