【選び方】4つの目的別、おススメのクラウドソーシングサイト

ますます増えているクラウドソーシングサイト、どれを選べばいい?

クラウドソーシングのサイトはたくさんあり、始めてみようと思う初心者はどれを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで4つの目的別におススメのクラウドソーシングサイトをご紹介します。

1■お小遣い稼ぎの延長で気軽に始めて見たい人
ポイントサイトでお仕事探しができるところもあります。特別なスキルもないけれど、まずは「お小遣い稼ぎ」の感覚で気軽に始めて見たいという人には、ポイントサイトなどに連動しているクラウドソーシングなら始めやすいでしょう。報酬はポイントで加算されます。

Yahoo! クラウドソーシング
報酬はTポイントでもらえます。誰でもできるスキル不要の簡単な仕事がたくさんありますが、アプリ開発などの専門職もあり、やる気次第で稼げるサイトです。

げん玉クラウド
お小遣い稼ぎサイト「げん玉」のクラウドソーシングサイトです。ポイントはげん玉と連動しています。「データ入力」「レビュー書き込み」などカンタンな仕事でポイントを貯められます。

2■初心者だけど地道にコツコツ稼ぎたい人■
最初は少ない報酬でも少しずつ経験を積んで、スキルアップしながら仕事を増やしていきたいと考える人にとっては、大手クラウドソーシングサイトがおすすめです。これらのサイトでは報酬の一定額が手数料として差し引かれますが、そのかわり、「面倒見がいい」サイトでもあり、受注のコツなどを常時教えてくれます。1年くらいかけて初心者から勉強してスキルアップしようと考える人に向いています。

クラウドワークス
会員数50万人突破(2015年5月現在)ということなので、ナンバー1のクラウドソーシングサイトといえるでしょう。簡単な仕事から専門職まで幅広い仕事があります。ライティングの仕事が多めです。

ランサーズ
こちらも幅広い案件があります。デザイナーや開発者が多く登録しています。

クラウディア
上記2つより手数料が安く利用しやすいサイトです。ライティングから技術系まで多彩な案件があります。

■「女性向け」のサイト■
女性向けのお仕事に特化しているサイトは、上記「お小遣い稼ぎ」「地道にスキルアップ」のどちらの人も存在します。女性には使いやすいサイトといえます。

shufti
女性向けの仕事として、「自宅からテレアポ」「化粧品レビュー」など多彩な案件があります。

ウーマン&クラウド
ライティングの案件が多いので、文章を書くことが好きな女性に向いています。

4■自分の企画やアイディアで仕事をしたい人■
「依頼される仕事から選ぶだけでなく、もっと何か自分から発信したい!」という人におススメのサイトもあります。

スケッツ
「商品やサービスの提案」「プロモーションアイディア」などを応募することができます。

ココナラ
「恋愛相談」「FPアドバイス」など、自分の売り込みたいスキルやサービスをワンコインからの値段をつけて宣伝することができるサイトです。

クラウドソーシングサイトは今、「雨後の筍」状態でどんどん新しいサイトが出てきています。ご紹介した以外にもたくさんありますから、登録して使ってみながら自分が仕事しやすいサービスを探してみましょう。