なんでも売れる「フリマアプリ」は簡単で安心

フリマに出店するよりも、ヤフオクに出すよりも、簡単!「フリマアプリ」

出店料を支払って、商品に値札をつけて…と手間暇がかかるフリマ。でも「子どものおもちゃ」「手作り品」「中古ブランド品」など、種々雑多なものをまとめて売ることができるのがメリットです。これと同じ機能があり、1点から出品できるのが「フリマアプリ」。出品が手軽で売る人も買う人も安心できるのが魅力です。 (さらに…)

毎日写真を撮るのが楽しみになる!写真素材でプチ稼ぎ

主婦の日常には素敵な被写体がいっぱい

子どもと公園に行ったり、買い物に行った帰りに見知らぬ路地を歩いたり。主婦の毎日には様々な場所でのいろいろな出会いがあり、写真に残したい景色にもたくさん出会えます。ただ撮影するだけでなく、SNSに投稿するためにも「素敵な写真で残す」ということを意識するようになった人も多いと思います。「会心の1枚」が撮れたら、写真素材サイトにアップしてお小遣い稼ぎにチャレンジしてみませんか。 (さらに…)

Webで簡単、意外とお得らしい!?Amazonの買取サービス

本やメディアを売りやすい!Amazon買取サービス

CD、DVD、ゲームソフトなどを売ると、Amazonギフト券がもらえるAmazon買取サービス。2015年6月から本の買取もスタートし、かなり便利なサービスとなっています。何よりも便利なのが、「1冊から無料で集荷」という点。また、Webから本の買取を申し込むと、最大買取価格を事前に確認できるというのも魅力です。Amazonから本を購入したことがある人は (さらに…)

ブックオフグループの新しい買取スタイル「ハグオール」が便利そう

少しでも高く売りたい!「ブランド品買取」の新しいサービス

大事にしていたブランド品のバッグや時計は、お小遣い稼ぎの大切な原資です。現金化するなら、少しでも高額で買い取ってくれるところを探したいですが、ネットショップがいいのか、持ち込みがショップがいいのか、選択肢はいろいろあるけれど大いに悩むところです。そんなユーザーのため、遂にあの「ブックオフ」が中古品買取の新しいシステムハグオールをスタートさせました。 (さらに…)

2016年、主婦におススメのらくらく投資商品3つ

ますます不確実性が高まってきた2016年

中国の利下げと世界の同時株安、原油価格の下落、アメリカの利上げなどが2015年の主なトピックでした。アベノミクス景気も一段落して、今後のドル円相場や株価は非常に不透明となっています。また、2016年4月の消費税10%増税の影響も気になります。2016年、経済の先行きを読むことは非常に難しくなっているといえます。

リスクが少なく主婦でも投資しやすい商品は?

そんな2016年以降、主婦でもできる資産運用の選択肢を検討しました。その条件は以下のようなものです。
・リスクが少ない
・スマホから管理できる
・毎日チェックする必要がない

今主婦にオススメの投資商品とは?

2016年は、アマチュア投資家が大きく稼ぐことはハイリスクすぎます。だから私は以下の3つの投資商品を柱にしようと思います。

1)ミニ株・低位株
低位株やミニ株を少しずつ売買するメリットとして、利益を得ること以上に「景気動向がつかめる」というのがあります。「低位株で株主優待狙い」というのも、主婦感覚が活かせる方法のひとつです。

2)FXのシステムトレード
FXを普通に売買しようとすると、相場が動くときには毎日ウォッチしなくてはならず、主婦にとっては無理があります。その点、「システムトレード」なら、寝ている間に取引が実行されているので安心です。独自システム「トラリピ」(マネー・スクウェア・ジャパン)、ミラートレードの「シストレ24」(インヴァスト証券)などがあります。

3)投資信託
これからしばらくはリスクはとれないな、と感じるときは、手堅く投資信託を選びましょう。ただし、投資信託のデメリットは相場の経験を積めないこと。少額でいいので株やFXに投資を継続していくことで、次のチャンスを上手につかめる勝負勘を養えると思います。

忘れたころに収入が入ってきたら嬉しい!NAVERまとめで稼ぐ方法

NAVERまとめでは、PV数に応じて報酬がもらえる

知りたいことを検索していて目にする機会も多い、「NAVERまとめ」。日本最大のキュレーションメディアです。登録すれば誰でも「まとめ」を作成・公開することができ、PVが多ければ報酬がもらえます。興味のあること、自分の趣味の分野などをまとめるだけでお小遣い稼ぎの可能性があります。

報酬の最高額はなんと1500万円!

NAVERまとめにまとめ記事を作成するには数時間もあれば十分でしょう。そして、個人ブログなどと違い (さらに…)

世界で一番睡眠時間が少ないのは日本の主婦!?

世界各国との比較で、日本女性の睡眠時間は最短

OECD(世界協力開発機構)の『Balancing paid work, unpaid work and leisure』(2014年3月)という調査報告で興味深い結果が出ています。OECDには世界の主な先進国が加盟していますが、加盟国中で、「最も睡眠時間が少ないのが日本女性」という結果になっています。プレジデントのなぜ、日本の女性は世界一睡眠時間が短いのか?という記事がわかりやすく解説しています。

女性の睡眠時間、OECD平均は8.4時間、日本は7.6時間

調査対象となった国のうちで、日本の女性は最も睡眠時間が少なく、その平均値は7.6時間となっています。日本の女性は仕事と家事でものすごく忙しく、寝る時間を削っているということがデータからも証明されたというわけです。

男性のほうが睡眠時間が長いのも珍しい

もうひとつの日本の特徴は、「男性のほうが0.5時間睡眠時間が長い」ということです。ほかに女性のほうが睡眠時間が少ないのはメキシコ、インドなどほんのわずかの国だけで、アメリカ、フランス、中国など多くの国は女性のほうがたくさん寝ています。データから、休日の朝も早く起きて家事をする妻、朝寝坊している夫の図が目に浮かぶようです。さらに、40代~50代女性が最も睡眠時間が少ないというデータもあります。「やっぱり日本の主婦って大変なのよ!」といいたくなる数字です。

でも「日本の女性は長寿。」という不思議

それなのに一方で、「日本の女性は世界一長寿」というデータもあります。これはちょっと不思議です。睡眠時間は長すぎても体に悪いといいますが、そのせいなのでしょうか?睡眠時間の少なさと長生きとの関連性まではちょっとわかりませんが、日本の女性は寝てない=ダメというわけではないのかもしれません。日本の女性は睡眠の質がいいのか、毎日をアクティブに過ごしているのか、そんなふうにポジティブにとらえてもいいのかな、という感想を持ちました。

主婦からカリスマ講師に!「サロネーゼ」とは?

自分の得意なことで「教室」を開く!サロネーゼ

サロネーゼとは、自宅をサロンとして、自分の得意なことをゲストに教えるレッスンをする人のことです。一般的なのは「お料理教室」「整理収納」「フラワーアレンジメント」などですが、今は実にさまざまなテーマのサロンがあり、それぞれユニークなレッスンが人気を集めています。例えばDreamiaサロンといったサイトに登録してPRすることができます。

★お料理教室
タイ料理、イタリア料理などの各国料理、「テーブルコーディネート」「パーティ演出」など (さらに…)

主婦が稼ぐのは「やっぱり家族のため」という調査結果に納得

このサイトのタイトルは「お小遣い稼ぎ」ですが

毎日コツコツ、主婦の時間をやりくりしていろんな手段でお小遣い稼ぎ。それがこのサイトのテーマです。ところで「お小遣い」という言葉を使っていますが、実際に主婦が自分で稼いだお金を何に使っているのでしょうか。2015年12月、ライフネット生命の「パート主婦の働き方に関する意識調査が発表されました。その内容は、主婦なら「あるある」と思うような納得の結果でした。

収入の使い道で1位は貯蓄、2位は子ども関連

もしも収入が増えたら何に使う?という質問に対して、複数回答の1位は「貯蓄」で67.6%。3人に2人という高い数値です。2位は「子どもの養育費・教育費」で62.5%。3位が「旅行」で34.5%、こちらは3人に1人です。「レジャー」「美容・ファッション」など、自分のために使うという人は少数派でした。

一方で現在のパート収入は「生活費」

もしも自分が働けなくなった時に不安なことは?という質問の答えでは「日々の生活費」が1位で、71.1%という高い数値です。日頃から生活費の不足分をパートなどで補っているということがよくわかります。現在年収が130万円以上の主婦の場合は、「子どもの養育費・教育費」という回答も多くなっています。生活費と教育費。主婦の稼ぎは家計を支える欠かせない収入だということが実感できるレポートでした。

「家事スキルで高収入」の裏ワザはこれ!

主婦の手際は立派なスキル!稼ぐ方法いろいろ

料理、掃除、片付け、洗濯…毎日の主婦の仕事は多岐にわたります。毎日スピーディにこなしている家事の能力は立派なスキル。最近は「家事代行」のサービスが成長中。人材不足気味で待遇もアップしています。家事を仕事にして高収入を得られる方法をご紹介します。

家事代行会社に登録する以外の裏ワザは?忙しい家庭を訪問して、「食事作り」「普段のお掃除」「子どもの送迎」などをお手伝いする「家事代行」。家事代行会社のアルバイトとして採用される方法が手軽ですが、ほかにも方法があります。 (さらに…)